ヘアスタイルだけではカバーできない?小顔効果のあるデザインドレスを結婚式で


バランスを大事にして

結婚式の準備で、ドレスの試着をしてみたはいいけれど、なんだか顔の大きさが目立ってしまうなんてこともありますよね。小顔に見せるには、まず、ヘアスタイルが重要なポイントです。ヘアをタイトにすればいいと考えている人も多いですが、それでは、顔の表面積が多く感じられ、かえって大きく見えてしまいます。たとえば、コンパクトヘアにおおぶりの花など、顔と全身のバランスを見比べて考えましょう。しかし、ヘアスタイルをまとめるだけではなく、顔を小さく見せてくれるデザインのドレスを選ぶことも大事です。丸顔さんなら、深いVネックスタイルがいいでしょう。深く開いたVネックスタイルは、首を長く見せてくれるので、すっきりします。大柄のケミカルレースのトップスに、チュールスカートが可憐なAラインドレスは、深いVネックスタイルネックスタイルで、デコルテがすっきりするので、凛とした大人の表情をプラスしてくれますよ。

ただし、面長さんが深めのVネックを着ると、長さが強調されて逆効果なので、注意が必要です。その場合は、前髪をつくって、丸顔に近づける工夫をしましょう。

透け感&鎖骨見せで!

チュールやレースなど透け感のある素材を使った広めのネックラインドレスで、鎖骨をしっかりと見せることができれば、デコルテの肌面積との対比で、首が長く、そして、顔も小さく見せることができます。シンプルシルエットのドレスほど、レースを施したチュール素材のトップスから透けるデコルテの美しさが際立ちます。ウエストの切り替え位置が高くすっきりしていることで、立ち姿も美しく上半身全体が華奢に見えるでしょう。

京都での結婚式といえば、純和風のおごそかな雰囲気のイメージを持つ人が多いです。中でも、圧倒的な人気を誇る京都の結婚式場は、神社です。雅楽の音色が鳴り響く神社での人前式は、厳粛な雰囲気に包まれます。